TOP MENU 店内風景 LINK こぼれ話 携帯TOP MAP

■ おいしいコーヒーの入れ方(ネルドリップ編) ■

一番最初はネルフィルターに熱湯をかけタオルで挟み軽く叩きます。
豆を入れる前に充分に中を広げておきます。
お湯は90℃くらいでたっぷり用意します。
豆の量は1人前13g、2人前24g、3人前35gが目安です。
(大さじ1杯で約10g)
抽出量はお好みですが、コーヒーカップが100cc〜150ccとして
100cc〜450ccで濃い物から薄いものまで出来ます。


豆投入画像
お湯を入れると豆が膨張しますので袋の7割程度まで豆を入れます。


1投目画像
1投目
豆の中心から1円玉位の大きさで円を描くようにお湯を注ぎ、
下から落ちない位までで一度止めて蒸らします。
(豆が膨張を始めます。)


2投目画像
2投目
膨張が止まったら、優しく1投目と同じところに
1円玉位の大きさで円を描くようにお湯を注ぎます。
(最後まで1円玉の大きさで)


湯量増量画像
だんだんと豆の粘り気が無くなりますので、
膨張した高さを保つように湯量を増やしていきます。


抽出終盤画像
最後は抽出量を気にしながらお湯を注ぎ続けます。
豆が膨らんでいる状態で捨ててください。
(水位が下がった所はおいしくないです)


90℃で抽出を始めると50℃〜70℃のコーヒーが出来ますので軽く温めると飲み頃になります。
この時に熱くしすぎると香りが飛んでしまいますので気をつけましょう。

このページに関するお問い合わせはこちら

←ギフトセットのページへ戻る

TOP MENU 店内風景 LINK こぼれ話 携帯TOP MAP